新生児に使用できないインフルエンザの治療薬リレンザ

リレンザはインフルエンザの治療薬としての抗インフルエンザの薬です。インフルエンザを予防したい、インフルエンザになってしまった時に使用されます。冬に大流行するインフルエンザは高熱や頭痛など、様々な症状を引き起こして人を苦しめますが、こんな時にインフルエンザのウィルスを抑え込む働きをしてくれます。しかし、ウィルスを殺すものではありませんので、ウィルスが完全に増殖した後では効果を発揮することができません。その為、インフルエンザにかかったら48時間以内に服用すると1番効果を発揮すると言われています。リレンザは飲薬ではなく、専用の吸入容器によって直接吸引します。このように患部に直接きくため、効果が高いと言われています。リレンザは小児から大人まで広く使用することができます。子供が使用できる年齢は5歳からになります。年齢が4歳以下であったり、低体重児、新生児、乳児か使用した時の安全性がまだ、はっきりとわかっていません。その為、使用は5歳以上とされています。また、異常行動の報告が少ない為、異常行動のリスクが低くなると言えます。特に新生児がいて、授乳中の母親がインフルエンザになった際に薬を飲んで良いものか悩みます。母親がインフルエンザに感染してしまった時に、母乳から赤ちゃんにインフルエンザが感染する、ということはありません。しかし、治療薬を使用することで微々たる量ですが母乳に流れます。その為、授乳中の母親のリレンザの使用は医師によって意見がわかれます。使用しても問題ないという場合と、控えるように指示する医師とにわかれます。また、赤ちゃんの状態によっても判断がかわってくる為、しっかりと医師に相談することが大切です。もしも、薬を忘れてしまっても、慌てて2回分使用することは避けます。また、症状が良くなったからと、使用を中止してはいけません。なぜなら、ウィルスは体内から完全に消えていない可能性があるからです。インフルエンザのウィルスはとても強いので、体の回復の為にも、必要な量の薬を最後まで飲みきってウィルスを完全に消滅させることが重要です。妊婦の方がインフルエンザになった場合、厚生労働省はリレンザを使用しても胎児に重大な影響を及ぼすことはない、としている為妊婦の方でも使用することはできます。また吸入薬なので、飲薬が苦手な方や子どもにも投与しやすい治療薬です。また、早く回復するためにも、早い段階での治療薬の投与が効果的です。

関連記事