リレンザの吸引型としてのメリットとは

リレンザ吸引型  リレンザは、インフルエンザウィルスの増殖を妨げる薬です。同じ役割を果たす飲み薬は他にもありますが、それよりもリレンザのほうが効果が高いことが確かめられています。それはこの薬が飲み薬でなく、吸引型であるためでしょう。吸引型であるため、インフルエンザウィルスがいる場所へピンポイントで到達できます。インフルエンザウィルスは、主にのどの粘膜から侵入し、そこから全身へと増殖していきます。感染してから48時間後には全身に広がりますので、リレンザは48時間以内に使うのが鉄則です。
 のどの粘膜あたりで増殖中のインフルエンザウィルスに直接届くよう、吸引という方法をとることで、即効性が発揮できます。飲み薬だと、消化器系を経ての作用となるため時間がかかりますし、全身に薬剤が行き渡りますので、必要のない部位にも作用し、副作用が起こることもあります。効力を発揮してほしい場所は、のどの辺りの粘膜ですので、ピンポイントでそこに吹き付けることができる吸引型は、最適な摂取方法と言えるでしょう。インフルエンザウィルスがのどの粘膜から侵入できるように、リレンザの成分も入り込むことができます。そしてインフルエンザウィルスが増殖中の細胞に成分を届けて、増殖できないようにします。全身に拡散するはずだったウィルスが狭い範囲に閉じ込められれば、免疫細胞が全身においてウィルス退治する必要がなくなり、熱も下がりやすくなります。高熱が出るのは、免疫細胞を活性化させるためですから、ウィルスの増殖がストップし、退治するのが容易になってすぐなくなってしまえば、免疫細胞は普段の状態に戻ることができ、熱が下がるわけです。増殖し放題のまま全身に拡散してからでは、退治するのがたいへんです。その間ずっと高熱が出続け、退治し終わったあとも免疫細胞は疲れ切っているため、全身の健康を取り戻すのにはそれなりの時間がかかります。リレンザを48時間以内に吸引し、増殖を途中でストップさせるのは、非常に効果の高い方法なのです。
 飲み薬に比べて、この薬は、解熱までの時間が短いことが判明しています。インフルエンザのA型、B型ともにそうですが、特にB型では17時間も短縮できています。仕事を持っている成人などの場合は、特に貴重な時間です。治りが早いということは、合併症を併発して悪化する可能性も低いということです。解熱剤のように、無理して解熱させるのではありませんから、有効に活用できる薬です。

リレンザと錠剤型の薬の違いとは

リレンザ錠剤型  インフルエンザに感染するとリレンザや錠剤型の薬が処方されます。これらの薬はインフルエンザウイルスの増殖を抑えることができ、インフルエンザに伴う高熱や悪寒、倦怠感を軽くすることができます。
リレンザと錠剤型は、薬の構造は同じです。ノイラミニダーゼ阻害薬と呼ばれ、増殖に関係するノイラミニダーゼを阻害します。使用する回数も同じで、1日2回、5日程度服用します。どちらもインフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用を開始しないと、ウイルスの増殖を止めることができないため、効果があまり出ません。
また、リレンザと錠剤型の薬は予防薬としても使用することができます。慢性的な疾患を抱えていたり、65歳以上の高齢者や受験生だったりする場合に服用します。この場合も両方の薬とも、1日1回10日間の服用で、服用している期間だけ、インフルエンザの予防効果があります。
錠剤薬はオセルタミビルリン酸塩と呼ばれ、通常タミフルとして処方されています。錠剤型は飲みやすいため処方されることが多いです。小さい子どもでも飲むことができるのが特徴ですが、10代の子どもには処方されていません。因果関係ははっきりしていませんが、10代の子どもが服用した場合、飛び降りや転落など異常行動が見られるためです。また、錠剤型は、耐性を持つウイルスが確認されているので、処方されたらきちんと最後まで服用することが大切になります。
服用すると4時間で血中濃度が上がり効果が現れ始めます。副作用には、じんましん、血便、動悸、血圧低下、腹痛などがあります。
一方リレンザはザナミビル水和物と呼ばれ、パウダー状の薬を専用の容器にセットし、吸入するタイプの薬です。インフルエンザのウイルスは気道などの粘膜で増殖するため、薬剤を直接届けることができ、錠剤型よりも早くに効果が現れ始めます。5歳以下の子どもには処方されませんが、錠剤型の薬が使えない10代の子どもでも安全に服用することができます。ただし、気道に直接働きかけるため喘息や気管支に炎症がある場合は、さらにひどくなる場合もあります。このような疾患がある場合は錠剤タイプのものを使用するか、リレンザを吸入する前に、気管支に関する薬を使用します。副作用としては、動悸、発疹、吐き気、下痢、呼吸困難などがあります。
2つの薬の大きな違いは、薬の形状にあります。また、服用できる年齢が決められています。どちらも服用したら異常行動を見過ごさないよう目を離さないことが大切です。

関連記事